2014年02月09日

WF2014W

さて、当日になってしまいましたがようやく更新。
WF2014Wでは4-16-06「和ミド風の隠れ家」にて参加します。
いや、たどり着けるのかしら…

新作:封獣ぬえ(3500円)
(ベントラーの複製間に合わなかったので、後日郵送か受け渡しします…)
837789184.jpg
ぎゃーてーちゃん目覚まし(3500円)
004_03078_01.jpg

MidoるウェアのMidoさんの商品は橙(東方Project)で小早川ぽひ(リング☆ドリーム)は展示のみだそうです。
65623b26.jpg
78d0bbff.jpg

posted by 和風漣 at 01:08| Comment(13) | TrackBack(0) | イベント

2013年12月28日

冬コミ(C85)告知

どうもこんばんは、えー明後日コミケとか信じられませんね。
一応中の人は生きていますので2日目 ヒ-20b「不可視の世界」にて参加します。
まあ時間もないのでさくっと当日の告知をば…

今回委託品色々預かってます。
イベントによって気まぐれに並ぶものが変わるうちの卓ですが、いつも以上にカオスなことになっています。

以下頒布物
posted by 和風漣 at 00:46| Comment(50) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月10日

夏コミ(C84)頒布物@いまさら

 やべぇ、サイトは放置、ブログも放置w
 と、過ぎたことを言っても仕方がないので、今更だけど夏コミの宣伝だよ。

 まずは場所は、「東E-33b」です。
 言わなくてもわかると思いますが、東方ジャンルなんで3日目の8/12(月)です。

 さて、今回はガレキじゃなくて本です。島もグッズじゃないしねー。
 タイトルは「東方イベントデータログ」。中身はただのイベント開催日とかの表です。
 初の東方Projectオンリーイベント、博麗神社例大祭から2012年度(2013年3月末)までを収録しています。
 実は表紙だけですがオンデマンド印刷とやらを試してみました。前は家のインクジェットだっただけに綺麗綺麗。
 お値段は一部300円になります。

 あと今回は、サークル「五花八門」さんの既刊2種類も置いています。
東方イベント四季報 2013年冬号」、「東方イベント四季報 2013年春号」です。

 ちなみにですが、私今回会場に居ません…。ということで、五花八門の上條先生に卓番をお願いしております。

本人不在ですが、どうぞよろしくお願いします。

 最後今回卓に並んでいる本の表紙たち。

 datalog2013.jpg
にとりかわいいよにとり
 img_158285_11154945_0.jpeg img_158285_11490188_0.jpeg

posted by 和風漣 at 00:38| Comment(12) | TrackBack(0) | イベント

2013年05月25日

明日の博麗神社例大祭

あー、ブログ書くのも久しぶりだな…サイトとか完全に放置しちまってるしね( ´・ω・`)

明日の博麗神社例大祭参加します。卓番は「ね-15b」のガレキ・フィギュア島ですね。
動いてる気配無かったけど、参加するんだと思った方は概ね正しいと思う、あっという間に前日だもんね。

頒布内容はガレージキット「南無三阿求(塗装済み or 未塗装)」、「天狗装束モブ天狗(未塗装)」、手書きの「コルクコースター」です。

コースターの画像の画像サンプル。
r10-1.jpg
r10-2.jpg

ガレージキットはこれです。 k_aq2012_01.JPG

posted by 和風漣 at 13:29| Comment(13) | TrackBack(0) | イベント

2013年03月18日

コス×コスに行ってきました

今日は大阪は日本橋の即売会「第1回 コス×コス」に参加してまいりました。第1回は東方オンリーです。
ちなみに、サークルじゃなくて一般ですけどね。
なぜか知人が微妙に集まっていましたのは面白かったですね(開場まえに4人でほどなく1人合流、午後からもう1人合流)。

ぶっちゃけコス×コスって何ぞやって方が多いと思いますが、そもそもイベントの告知とかが遅かったので知名度の低さは仕方ないのかなと。
関西の東方オンリーにでもチラシをまいてたらまた違った結果なのかもしれません。
ちなみに私自身は弊イベントカレンダーに追加した時点で行く気満々でした。

で、ここからイベントについてなんですが、まずイベント前からも含めて感想をダラダラと書きましょうかね。

続きを読む
posted by 和風漣 at 07:25| Comment(11) | TrackBack(0) | イベント

2013年03月10日

CBR250Rに電源用のUSB端子をつける

充電用のUSBポートが欲しい…ということで、これを買ってきたので付けるよ!

このUSBstationWは電源線が三本ついてます。
それぞれ、主電源(赤キャップクワガタ)、アース(青キャップクワガタ)、アクセサリー電源(赤コード)です。
電源として使うなら主電源とアースがあればいいわけなんで、赤コードのアクセサリー電源はリレー用ですね。
もともとリレーは別に買うつもりだったけど、リレー代プラス位の値段であるんだしこれを選択。

主電源とアースはクワガタついてるしバッテリー直でいいとして、キーと連動してる箇所から電気を拝借せねば…。
調べたらヒューズ電源なんて便利なものがあるらしいのでをそれを使うことに。
ENDY ヒューズ電源 M-10」て奴ですが、amazonになかったのでgoogle検索で。
これは10Aヒューズと差し替えて5Aまで取れるようです。既存の配線に傷がつかないしイイネ。

ということで早速取り付け。

リレーとか変圧器の入ったボックスがハンドルすぐ下にびっくりするくらいぴったりおさまったので、 ここからシート下のバッテリーとかヒューズボックスまでコードを伸ばしましょう。
SteeringUSB1.JPG

邪魔なのでフロント横のカウルをさくっと外します。ネジ3本で外せば外れました。
CBR250R_Cowl1.jpg

既存の配線に沿うようにコードを這わせてシート下に。最終的にここから出してきました。
最後の部分はピンセットを使ってひっぱり出しましたが、針金の先にコード結んでひっぱり出した方が簡単だったかも。
USBCode1.jpg

さて、ヒューズから電源とります。
ちなみに、この写真だと思いっきりさす方向間違ってます。直してからの写真撮ってなかった。
CBR25R_FuseBox1.jpg

ケース削ろうかと思ったけどそのまま出せたので問題なし。
CBR25R_FuseBox2.jpg

さて、ヒューズから持ってきたコードの先にUSBStationWのコードを圧着すればいいのですが… 面倒なのでヒューズ電源のコード途中にあるヒューズボックス使います。
GlassFuse1.jpg

パカっと空けて。ガラス管ヒューズ外して。こんな感じにセットして…
GlassFuse2.jpg

挟む!
GlassFuse3.jpg

後は主電源とアースをバッテリーにつなぐだけで配線は終了。
アース外してからプラス端子を外して、付けるときは逆。
基本さえ守ればなんてことない作業なので問題なく終了。

最後にガジェット用のマウントの近くにUSB端子配置して作業終了。
SteeringUSB2.jpg

電池との戦いのiPhoneもこれで安心ですね。

posted by 和風漣 at 15:29| Comment(19) | TrackBack(0) | バイク

バイクスライダー

家の駐車場にバイクを止めるにはこうするしかないわけですよ…
切り返して入れるのは不可能なんですよねー。もしかしたらできるのかもしれないけど、やりたかないです。
bikeSlider0.jpg

ということでバイクスライダーを自作することに。この存在を知ったことがバイク購入への後押しの一つなのです。
購入も考えましたが、これ結構高いんですよね…んで、調べたらいろんな方が自作されてますし私もそうすることにしたわけです。
材料は家に転がってたL字アングルとボルトに、購入してきたキャスターとゴムシートだけです。

作ったスライダーの裏(下)側はこんな感じ。
bikeSlider1.jpg
L字アングル適当に切って組んでキャスターつけてるだけです。単純ですね。
イラネって書いてる場所は別にいらないです。切るのが面倒で放置してるだけで正直邪魔です。
グラインダー欲しい…

表(上)はこんな感じ。
bikeSlider2.jpg
タイヤに当たる場所には念のためにゴムシート貼り付けてあります。

こんな感じで使います。そうは見えないかもしれませんが結構軽く動きます。
なんかコメントついてますし足元のアップもたぶん投稿します。

タグ:バイク CBR250R
posted by 和風漣 at 12:37| Comment(11) | TrackBack(0) | バイク

2012年11月13日

2012年11月4日 京都 求代目の紅茶会

 いつも、イベント行く前はレポート書こう!とは思ってるんですが、撃沈そのまま放置ってパターンが多いのです…いや、今回も1週間以上放置してますがね。
 さて、記事のタイトル通り2012年11月4日に京都であった「求代目の紅茶会」、「科学世紀のカフェテラス」、「文々。新聞友の会」、「MUSIC COMMUNICATION」の4イベントに参加してきました。ろくに告知だしてないけどサークル参加でした。

 まずは、展示物の様子でも。
 k_aq2012_01.JPG
k_aq2012_02.JPG k_aq2012_03.JPG

 で、ばらまいた椛とバックの扇子に食われてますが、左の阿求が今回の頒布物です。背景をシンプルにするとこんな感じですね。
aq_num_01.JPGaq_num_02.JPG

 さて、当日の様子なんですが…卓に引き込まってました。展示サンプルに色乗せるくらいならギリ間に合いそう!なんてスケジュールだったんで徹夜明けで動き回る元気がなかったという…何しに行ってるんだ私w
 卓に遊びに来て下さった方が居なかたらどうなっていたことか…  まあ、卓を離れなかった理由として、東方イベントデーターアーカイブの初受付だったんで、どうなるんだろうとひたすらドキドキしてたってのもあり…おかげで、久しぶりにイベント最後まで寝ないという快挙。そして、資料提供にご協力いただいた方、チラシを持って行かれた方に感謝を。この件に関してはまた別途何らかの形で報告を出すつもりです。

 ブロックノートも描きましたのよ。私の前に描いてる方々の阿求の可愛いこと…しっかと目に焼き付けさせていただきました。ちなみに私が描いたのはこんな感じ。
k_aq2012_04.JPG

 んでアフター。1サークル1品じゃなければ新連載の新キャラ&阿求の色紙も出したんですが、うちのサークルからは「展示見本を運搬用のスポンジにくるんだもの」を出品しました。
 アフター始まる前の時間稼ぎトークで司会者の方が「色々気になる物があるけど、何このスポンジ?」みたいな反応していただいたので満足。どうやら、じゃんけん勝ち抜いた方に無事にお持ち帰りいただいたようで何より。
 私の結果?立つこともままならなかったですよ…

京都開催のオンリーイベントの例に違わず盛況なイベントでした。来年もあるようなので参加したいですね。
レポート書き馴れてないから纏まらんw

posted by 和風漣 at 23:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月28日

求代目の紅茶会

 ブログでは全く音沙汰がありませんが、一応生きてますよ。  最近は必死に阿求作ってます…
 いやはや、複製間に合うのかな…そんな状況ですよ。
 紅楼夢で出したデータログを軽く思ってたのが間違いだった…最初はカレンダーを纏める程度のつもりだったけど、色々データ集めたくなって……いや、この話は置いておこう。

 で、肝心の頒布物ですがどのパターンになるかわかりません。
 ごめんなさい。一応パターン1を目指してはおります。

     
  • パターン1:阿求のガレキ。
  •  
  • パターン2:東方イベントデータログ2012(β) + (阿求の原型展示)
  •  
  • パターン3:何も無し…

 さて、冒頭で一端置いて置いた話ですが、イベントのデータの蒐集のために東方イベントアーカイブなんていう企画を始めました。求代目の紅茶会でも受け付けておりますので、ご協力いただけたらなと思います。
 詳細は、東方イベント蒐集部のサイトをご覧くださいませ。
 http://th-event.invisibleworld.info/club/

posted by 和風漣 at 23:49| Comment(9) | TrackBack(0) | イベント

2012年10月05日

東方紅楼夢8 頒布物など

 はい、今更ようやくまともな告知ですよ…
 スペースは「い-24b 不可視の世界」となっています。

 まず一つ目は、「東方イベントデータログ2012(β)」です。
 2004年の博麗神社例大祭から2011年末までの東方オンリー即売会、250イベントのデータを纏めた本になります。
 えー、本当は日本地図とか入れたかったんですけど、冬コミ(受かってれば)で出す2012年末まで纏めた、「東方イベントデータログ2012」までお待ちください…orz
 カタログが無かったりで収拾できなかった情報が多いので、手伝うぜって方には押しつけますし、手に取っていただいた方から情報お待ちしています。てな感じです。
 datalog_sample01.png

datalog_sample02.png

 2つ目は「ガレージキット 香霖堂天狗装束のモブ天狗」です。まあ、今までと同じなので写真だけで省略。
005.jpg

 そして3つ目は、阿求の原型の展示!と言いたかったのですが、お見せできないレベルでできてません…

 サイトの特設ページへのアドレスも載せておきます。
 http://invisibleworld.info/event/kouroumu08.html

posted by 和風漣 at 00:29| Comment(8) | TrackBack(0) | イベント